チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト

previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

トピックス

一覧を見る
  • 2019年09月11日
    リリース
  • 2019年08月06日
    お知らせ

    応募書類の一次選考を開始しました。

  • 2019年08月05日
    メッセージ

    応募書類の受付は終了しました。ご応募ありがとうございました。

  • 2019年07月26日
    お知らせ

    募集期間を8月5日(月)12:00まで延長いたします。
    多数のご応募、お待ちしています。

  • 2019年07月17日
    お知らせ

    3種一括応募用紙のシート保護解除バージョンをアップしました。

事前参加アンケートにご協力ください
事前参加アンケートにご協力ください

募集概要

テーマ

おいしい、バランスのよい手作りごはんで、健康&幸せ家族を目指そう!
知恵や技などで、日本の食文化を再発見・再認識できるような「糖尿病予備群」・「糖尿病患者さん」のレシピを考えてください。

応募部門

  • 朝食部門
  • 欠食を防ごう!
    1日の始まりは朝食から。
  • 昼食部門
  • どこで食べる?
    ほっと一息休憩ランチ。
  • 夕食部門
  • 1日お疲れさま。
    ゆっくり贅沢時間。

応募資格

  • 日本在住で、栄養士・管理栄養士を目指し学業に就いている専門・短大・大学生の方。
  • 個人でもチーム(3名まで)でも可、3部門のすべてに応募することができます。
  • 一次選考(書類審査)を通過した方は、二次選考(実技審査)と表彰式(2019年10月20日、東京)に参加していただきます。

応募方法

コンテストの応募はPCサイトからのみの受付となっております。
専用応募用紙に必要事項を入力のうえ、完成品の写真を添付して応募してください。
応募用紙の記入モレがないようにご注意ください。

応募ページはこちら

応募の受付は終了いたしました
ありがとうございました

応募条件

糖尿病食事療法のための食品交換表 第7版を参考に、炭水化物の比率をあらかじめ配慮した献立であること。

  • 炭水化物60%〈1日あたりの摂取量:炭水化物240g・たんぱく質70g・脂質40g〉
  • 炭水化物55%〈1日あたりの摂取量:炭水化物223g・たんぱく質72g・脂質47g〉
  • 炭水化物50%〈1日あたりの摂取量:炭水化物206g・たんぱく質78g・脂質52g〉

1食あたりの栄養成分バランス、P(たんぱく質)F(脂質)C(炭水化物)にも配慮し、経済的な食材を使用すること。

  • 朝食・昼食・夕食:各500円程度

1日あたりの総カロリーを1,600kcalとし、献立は以下を基準設定とする。

  • 1人前/500~600kcal

1食あたりの塩分量は2.5~3g以下とする。

簡単に作れるレシピであること。下準備、調理、盛り付け、片付けまでを含めて2時間以内とする。

レシピ制作の意図や想いが伝わってくるもの。メニューだけでなく、調理の工夫や朝・昼・夕のポイント、地域の特産品を使用する場合には、その食材を使う理由や特長なども明記すること。

レシピ名や献立名に独自性や創造性があること。

調味料・甘味料・ご飯等については、カロリーゼロやカロリーオフなどの製品を使用せず、一般的な家庭で使用している材料とする。

和洋中のジャンルは問わない。

オリジナルで未発表のレシピであること。

注意事項
  • 応募はFAX・郵送では受け付けません。
  • 応募時に取得した個人情報は本企画に使用し、ご本人の同意なしに第三者への提供はしません。
  • 応募レシピの著作権は主催者へ帰属し、糖尿病の普及啓発活動に利用するため無償で複製・発表・展示・印刷されることがあります。
  • 入賞レシピは、47都道府県糖尿病協会での活動にも使われます。
  • 一次選考の通過者については書面・メール等でお知らせします。通過の有無について個別のお問い合わせは受付しておりませんので予めご了承ください。

審査方法

一次選考(書類審査)

実行委員会および主催者が委嘱した審査員が書類審査を行います

  • 応募にあたって使用した食材・調味料・通信費等については自己負担をお願いします。
  • レシピは1人前で作成をしてください。
  • 応募はFAX・郵送では受け付けません。
  • 応募するチームまたは個人の学生が記入したもののみを対象とし、教師・講師などが記入したものは無効とします。
  • 応募書類に不備があった場合は無効とします。

二次選考(実技審査)・最終選考(試食審査)

応募者本人が調理し、患者さん、医療者、特別協賛企業の中から選出された方による試食審査を行います。

  • 調理は4人前で作り、うち1人前は盛り付け状態までを採点基準に含めます。残り3人前については、お皿等に盛り付け、試食できる状態にしてください。
  • 食材・調味料などについて持ち込み材料の必要はありません。応募レシピに従って1回4人分の材料を事務局で用意します。ただし、地域の特産品の場合は持ち込みをお願いする場合がありますので、ご了承ください。
  • 食器・調理器具は事務局で用意します。ただし、盛り付けも審査対象となるため、盛り付け用食器(1人前)は持参してください。また、事務局で用意ができない器具については持参をお願いする場合もあります。
  • 当日は、家族、友人・知人、教師等の引率者は会場には入れませんので、あらかじめご了承ください
  • 応募書類から大幅に分量がかわったり、食材等の過不足が生じたレシピについては、一次選考の通過を無効とする場合がありますので、ご了承ください。
  • 当日は作業しやすい服装・靴(調理室は土足厳禁)で、調理実習儀・エプロン・調理用帽子(三角巾またはバンダナでも可)を着用してください。

各部門に優秀賞を1名(1チーム)選出します

最優秀賞

1名(1チーム)

優秀賞

朝食部門1名(1チーム)、昼食部門1名(1チーム)、夕食部門1名(1チーム)

審査員特別賞

1名(1チーム)

  • 受賞者には賞状と副賞を贈呈します。賞の詳しい内容についてはホームページ上で随時お知らせいたします。
  • 当日、会場ではマスコミ及び事務局が調理風景や授賞式等を撮影しますので、あらかじめご了承ください。